キャッシングの審査に落ちた理由

近年、各金融機関が使い勝手の良いキャッシングのサービスを
提供していますが、
このサービスを利用し借入れを行う為には金融機関の行う審査に
通過しなければなりません。
キャッシングの審査を受けた事がある方でこの審査に落ちた方には
幾つかの原因が考えられます。
ここではキャッシングの審査に落ちた理由についてお話致します。
先ず最初に、キャッシングの審査に通過出来なかった理由として
考えられるものが総量規制です。
既に複数の金融機関からの借入れがあり、年収の3分の1程度融資を
受けている場合には総量規制の制限があるため
借り入れが出来ません。

次に、キャッシングの審査に
落ちてしまった原因として考えられる要因は信用情報機関の
ブラックリストです。
過去の借入れで延滞の経験がある申込者や、
過去に金融機関から借入れを行い自己破産や任意整理などの
債務整理の経験がある方は
信用情報機関のデータベースに
事故情報として登録されている為に審査に通過できない
要因となってしまいます。

これらの事故情報の履歴が信用情報機関に登録されている期間は
金融機関からの借入れが難しくなる原因となります。
このようにキャッシングの審査に通過できない理由には
幾つかのポイントがあります。

沖縄海邦銀行の金利計算から返済額を算出

沖縄海邦銀行のカードローンを利用しているときに、返済の金額についてはしっかりと確認しておかなければなりません。
適当に返済額を把握していると、返済日にお金が足りないことがあります。
そうすると、返済が遅れてしまうこともあります。

そうならないためには、しっかりと返済の金額を把握する必要があります。
沖縄海邦銀行のカードローンの返済額を把握するとき、金利計算が必要になります。
この金利計算をすることで、正確な返済の金額を出すことができるわけです。

この金利計算は自分でも出来ますが、計算がややこしいこともあるので、沖縄海邦銀行に連絡をして金利計算をしてもらうと良いです。
そうすると、カードローンの次の返済日までにどのくらいのお金が必要なのかをしっかりと算出してくれます。
そして、その金額を返済日までにしっかりと用意しておくと良いです。
沖縄海邦銀行のカードローンには金利の設定があります。
金利計算をするときはその設定の範囲から適用されている利率を使って計算をします。
沖縄海邦銀行のカードローンの返済について電話等で連絡すれば、金利についての情報をしっかりと教えてくれますし、返済額についてもしっかりと計算をしてくれます。

初めて消費者金融からお金を借りました

私は最近ゴルフを始めたのですが、ゴルフは思ったよりもお金がかかるスポーツだということを実感しています。
そして、先日友人みんなでゴルフ場に行く約束をしたのですが、その資金がなくて大変困っていました。

というのは、実はちょっと前にゴルフクラブを買ってしまい、金欠状態に陥っていたのです。
しかし、せっかくの友人の誘いを断りたくなかったので、私は消費者金融からお金を借りることを決めました。

私が選んだのは、テレビコマーシャルも頻繁に流れている大手消費者金融で、申込みもインターネットを利用して簡単に手続きをすることが出来ました。
審査もとても早く、即日融資を受けることができたので、とても助かりました。
そして、消費者金融から借りたお金で私は無事友人たちとのゴルフを楽しむことが出来たので、とても満足です。

もちろん消費者金融を利用すると決めたときには、返済計画もしっかり立てましたし、無理な借入をしないように気をつけました。
借入額は10万円ほどでしたので、返済も問題なく出来るだろうと見据えての利用です。

実際、私は正社員で働いているので、ボーナスもありますし、ボーナスで一括返済すれば何の問題もありません。
消費者金融は計画的に利用すれば、私たちの役に立ってくれる頼もしい存在だということがわかりました。

旅行中のキャッシング体験談

私は20代でフリーターをしています。
つい先日、仕事仲間との旅行中にお金が無くなり、30万円のキャッシングを利用しました。

今回の旅は中国地方でした。
正社員として働くようになれば、長期休暇も難しくなるだろうと1週間くらいの旅行をしました。
その初日の錦帯橋で、私はうっかり財布をどこかにやってしまいました。
手持ちのお金は少しならありましたが1週間は持ちません。
そこでキャッシングを思いつきました。
山口県は初めての土地で、どこでキャッシングしようか迷いましたが、ちょうど錦帯橋近くに私の知っている名前のキャッシング業者があったのでそこで借りました。
キャッシングを利用していなかったら、山口県から1人帰宅しないといけないところでした。
phm11_0061-sしかしお財布が気になり、錦帯橋以降の旅行はあまり楽しめませんでした。

キャッシングはこういう予期せぬ出来事のときには役立ちましたが、これだけでは解決しないこともありますので、気をつけてください。
キャッシングで借りたお金は、帰宅してすぐに返済をしました。

今回の旅行では、財布のことであまり観光やグルメの記憶が無くなってしまったので、機会があればもう一度四国地方、特に山口県への旅行をしたいと思います。

カードローンを利用する上での注意点

ilm14_ab01040-s消費者金融、信販、銀行、クレジットカードのキャッシングなどお金を借りた場合は元本と利息と合わせて返済することが必要です。
銀行のカードローンは低金利で安心感があるのがメリットですがもし返済に遅れてしまうとどうなるのか気になる方も多いことでしょう。
カードローンの期日まであまりにも支払いが遅れてしまうと遅延損害金がかかってしまいます。
遅延損害金は利息と同じように%で計算されます。
一日の遅れならそんなに問題になりませんが、遅れれば遅れるほど利息のように支払いが大きくなってしまいます。
カードローンの返済が口座自動引き落としになっている場合は入金を忘れてしまうことがあります。

期日までに返済に必要な額を入金しておくことが注意点です。
また、カードローンを繰り返し遅延してしまうと信用力が下がり、限度額が引き下げられてしまう、新規の融資が停止されてしまうことも注意点に挙げられます。
最悪の場合はブラックリストに載ってしまうことがあります。

しばらくの間はローンを組めなくなったり、クレジットカードを作成できなくなったりすることも注意点です。
カードローンは利用しやすいですが、目的以上に借入しないことが大切です。
利用する際に返済シュミレーションをしっかり行い、無理がある時は利用を控えるか、利用金額を少なめして再計算してみると良いでしょう。

キャッシングをするときは金利比較をしよう。

以前は、キャッシングと言えば、
消費者金融のイメージが強かったのですが、
最近は、銀行が関わっている銀行系の消費者金融もキャッシングを行うようになり、
取引できる会社の数も増えています。
そこで、お金を借りようという時は、
どのキャッシングを利用すればいいのか迷ってしまう

という人も多いようです。
利用する会社選ぶときは、
返済のことを考えて金利比較をして会社を選んだほうがよいでしょう。
各金融機関は、それぞれに金利を設定しています。
一般的な金利としては、銀行系の会社はおよそ3.5%~15%程度、消費者金融は、
およそ6%~20%程度と言われています。

銀行系の会社の中には、金利は低いけれど、審査が厳しい会社もあります。
逆に消費者金融の中には金利は高くなるけれど、審査が甘く、
手続きが簡単にできるという会社もあります。
また、金利は変動することがあるので、
申し込みをするときにそのときの金利を確認するようにしましょう。

商品によっては無利息期間が設けられている場合もあります。
これは、借入をしてから一定期間は金利を付けないというのサービスです。
無利息期間の間に借入分を全額返済できれば、
金利が高くても問題ありません。
借入は、返済計画をしっかり立ててから行うようにしましょう。

即日審査してくれる消費者金融のありがたさ

お金に困ることは、誰にでもあることです。
しかし、それが大事な支払いだったら大変です。

支払い不能という記録が残ってしまいます。

常に自分の資産を把握している方は少ないでしょう。
ほとんどは、月末に1回確認する程度だと思います。
とりあえず支払うだけで済ませてしまいがちです。
最近では、インターネット通販もあります。
クレジットカード決済で済ます機会も増加しました。
そうなると、全てを把握するのは難しくなってきます。
そして、改めて確認してみたら、使いすぎていたりします。
その場合、すぐに現金を用意しなくてはなりません。
即日審査してくれれば、急ぎでもすぐに借りられます。
だから、多くの方が消費者金融に駆け込むのでしょう。
必要金額の多くは、小額の数万円程度です。
それも、次の給料日までのつなぎ目的だったりします。
消費者金融なら個人向け融資に強いので安心です。
即日審査で貸してくれるのは、とてもありがたいです。
従来の銀行の融資では、審査に時間がかかります。
さらに、特定の目的向けであり、小額融資ではありません。
銀行には、まだそのようなノウハウはないのです。
それに比べて、消費者金融には独自の蓄積があります。

個人相手となると、審査基準1つとっても構築が大変です。

そう簡単に差は縮まらないでしょう。

総量規制対象外の醍醐味をアコムで

銀行系のアコムは、他の消費者金融のように、過払いに苦しめられることもなく、総量規制の中でも、順調に顧客を増やしていましたのに、総量規制対象外のカードローンをどこよりも早くだし、その醍醐味に周囲は驚いたものです。
総量規制に伸び悩んだ消費者金融業界と大きな資本を上手に運用できず、庶民に貸付人気のない銀行とが結びつき、それぞれのプラスの部分を合体させて、次々と上限何百万円というローンカードの登場となりました。
総量規制が外れると、年収の縛りが無くなり、審査が甘くなったので、それに期待をかけて、次々と審査を希望する人が増え、今ではローンカードと言えば、金利幅、融資幅の設けられた総量規制対象外のもの以外は、カードではないという勢いです。
私も数百万円で4%強の金利のローンカードをお守り代わりに作って持っています。
友人は、つい最近、おまとめに成功しました。

ローンカードは大きな融資額が可能な分、利用の仕方次第で、お金以上の価値を作り出すこともできます。
先の先を見て、自分の目標に向けて上手に使うことです。

そうすると、ひとりひとり、ニーズは多様で、違います。
その点にもアコムは着目しています。
アコムは借りる人が必要だからこそという考え方の融資をしているからです。
だから、総量規制規制外のローンカードも利用者の必要性の上にあると考えています。
どんな状況の人も、まずはアコムに相談をしてみましょう。

親族から借金をする場合の注意点

今の不況の時代、金融機関から借金をしている
という方は大勢いらっしゃいます。
金融機関でなくても、親などの親族から借金をしている
という方も多いでしょう。

ilm17_ca03016-sしかし、銀行や消費者金融といった金融機関からの借り入れと違い、
親族から借りる場合には“贈与”に該当しないか注意しなければ
なりません。
一言に「親族」と言っても、その範囲はかなり広くなって
います。
親族の範囲は配偶者、6親等内の血族、3親等内の姻族とされて
います。

近くは配偶者、子供や両親、遠くになるといとこの孫まで含まれて
きます。

このように親族の範囲は広くなっていますが、
借金をする場合は最も親しい両親や兄弟姉妹、
叔父・叔母辺りから借りることが多くなるでしょう。
ここでポイントになるのが“親しい”という点です。
親しい間柄のお金の貸し借りになると、
返済期限が到来しても都合が付いていなければ、
また今度でいいよと気軽に期限を延ばすことが良くあります。

これを贈与税法は認めていません。
また今度の“今度”とはいつなのか、それは借金を返してもらう
気が無く、
贈与したのと同じではないのかと贈与税法は考えるのです。
「出世払い」で借金をしたり、
お金を貸したりしたことはないでしょうか。
これも期限を定めていないので贈与税法においては“借金”では
なく“贈与”として扱われます。
実際に、叔父や叔母と日頃親しくしているかどうかはともかく、
親しい間柄であるとみなされる親族から借金をする場合には、
返済期間や返済方法などをしっかり取り決め、
契約書を交わしておくようにしましょう。

使い道が自由なローンについて

次は、フリーローンです。

前述しましたが、フリーローンというのは、使い道が自由なローン商品のことです。
今回話題となっている「エフワン」はもちろんのこと、他にも様々なフリーローンがあります。
フリーローンというのは、他のローン商品と比べて、手続きが簡単になっています。
通常の住宅ローンなどでは、回答までに長い時間がかかったりしますよね。
しかし、フリーローンならば、最短1時間で保証会社からの回答を得ることができます。

しかも手続きが簡単で、必要書類もぐんと少なくなっております。
フリーローンよりもさらに簡単に借入がしやすいのが、カードローンです。
カードローンも様々な種類があります。
通常のカードローンはもちろんのこと、同じ銀行の住宅ローンを利用している方向けのローンもあります。
この場合、金利が通常よりも0.5パーセントほどお得になっております。
いずれのカードローンにおいても、ATMで簡単に借入ができるのが、大きな特徴です。

銀行のATMはもちろんのこと、郵便局のATMや提携している金融機関のATMからも返済をすることができます。
返済に関しても、銀行ATM、そして提携している金融機関のATMから返済をすることができます。
しかしこれは、追加の返済の場合です。
限度額に関しては、カードローンの種類によって、様々な限度額を用意しています。